千鶴・いも神 



「千鶴」「いも神醸す神酒造神 孝輔君店主小林一三東京農大 醸造学科勉学私生活共に過ごした親友であります。

君は大学卒業後「佐藤を醸す佐藤酒造佐藤先輩修業をした後に実家の神酒造に戻りました。
君は酒質生産効率バランスを考えた焼酎造りをおこなっています。

焼酎各種

 
  神酒造の門です。
電話一番!!! 
凄い旧家なんですねー
昔、電話が一般家庭になかったころ
地元で一番最初電話
付いたことを示しています。
ちなみに小林家鹿沼七番
でした。
 
  神君のお父さんの自宅!!! 
「神 惣一郎」!!!!!
 
  事務所です。 


 
  最新技術冷凍された金千貫 コガネセンガンです。
君は季節生産ではなく、生産性を上げるため年間を通して焼酎
 造りをしています。
そのため「生芋」ない時期冷凍芋になるそうです。


  君です。 
神君の持つ「冷凍芋ですが
冷凍????
となりますが、皆さん昨今
「冷凍食品」を見てみてください。
「生芋」「冷凍芋」出来上がった焼酎比べる 
全く変わりがないそうです。
 
  ベルトコンベアです。
ここから蒸し器にお芋が投入 
されます。
 
  お芋がフォークリフトで吊られてコンテナ袋から出てきました!!!
 
  蒸器お芋さんが入っていきます。 
 
 蒸器のボイラーです。 
 
 「千鶴」などの麹を造るドラム式の自動製麹機です。 
 
 こちらは、なんでしょうか? 
 
 
じゃじゃーんこちらは三角式
製麹機です。
自動ではないので手入れが行います。
「手造り千鶴」の麹はこうやって造られます。
これで1日目です。 
 
 
神君こだわりの
かめ壺仕込みです。 
 
 
もろみ初期です。
蒸された芋と麹の固形物がはっきりとわかります。
円形の物は醪の温度が上がりすぎないように冷水が流れるようになっています。
焼酎は醪初期は温度が高くなる傾向があります。 
   
 
 
醪中期です。
固形物がだんだんなくなり酵母がだす二酸化炭素の気泡が見えます。 
 
 
蒸留前の醪になります。
酵母も自分の出したアルコールで自己消化が始まっています。
色もお芋の黄色がわかります。
 
 
 蒸留器です。 
 
 
蒸留器の中に入っている蛇管です。
これは、錫神の蒸留の時にだけ使われる錫製の蛇管です。
錫は柔らかいので今はステンレス製主流です。
熱伝導率を考えると錫製はよろしそうです。 
 
 
君のこだわり
かめ壺貯蔵!!!
この後何年もの熟成をかさねて皆様の手元に向かいます。
 
 神酒造の皆さんです。