和泉屋  
当店 店主小林一三東京農大 醸造学科同期
信州みそ醸す阿部 博隆君の和泉屋です。
阿部ちゃんはコンビニのファミマ信越限定で販売されるチルドラーメン案養寺ラーメン発案者で「安養寺みそ」の製造元です。「安養寺」とは信州みそ発祥お寺です。
安養寺みそ」は和泉屋阿部ちゃん安養寺周辺
佐久平収穫される大豆醸す信州みそ」になります。




























こちらが麹米のもとになる佐久平のお米です。









このお豆さんが佐久平で収穫された大豆です。









これは何だかわかりますかー
これは大豆ちゃん達のお風呂です。









空気を送り込んで大豆洗います。
通常お味噌皮付きのまま使用しますが、大吟醸お味噌になるとむいたむき身を使用するそうです。




真ん中にあるタンク蒸し器になります。
左上にあるパイプから先程の
プールから大豆が送られていきます。






このようにクレーンが上げます。










がありましたがー
店主 一三許可され蒸し器撮影許可されました!!! 
わっかになっているパイプからシャワーのように出てが張られます。
蒸しは、ただ蒸すだけではなく
圧力をかけて蒸します。
圧力鍋お化けと考えてください。

こちらが放冷機です。
奥の蒸し器の下から蒸し上がった
大豆が出てきます。








放冷され冷めた大豆
このベルトコンベアまで来ます。
大豆さんは、まずはここまで!!








さて次は一番大切麹造りです。
阿部ちゃんが大学卒業して一番苦労したのがこの
自動製麹機での
麹造りでした。





この自動製麹機は素晴らしく!!!
洗米浸漬蒸し製麹まですべてこなします
でもこれを使いこなすのが
阿部ちゃんの苦労だったんです!!
大学の時に勉強していればね・・・




自動製麹機のこれが中身です。
センサーとかかき混ぜる刃など複雑です。
頑張ったね阿部ちゃん!!!!!!
さて、48時間かけて出来上がりました。




阿部ちゃんが指さしていますが、こちらの箱は(東芝のレグザの段ボールがふたになっています。女房殿お父様東芝出身です!!!)
味噌大切塩梅のもとお塩を溜めておくタンクです。





この中心タワー阿部ちゃんのこだわりです!!!
左のベルトコンベアから蒸された大豆が、真ん中から麹米が、
右からはお塩で中心のタワーに集まります。
さあなんででしょう???



じゃじゃーん!!!
と言うことで、「粉砕ミキサー」です。
阿部ちゃんのこだわりは、このタワー上部から大豆それぞれを一緒投入して粉砕しながら混ぜることです。それで写真の真ん中から出てきます。


粉砕されて混ぜ合わせた
生まれたて赤ちゃん
味噌がこのベルトコンベアで運ばれて
緑のコンテナ仕込まれます。





コンテナに入れられたお味噌赤ちゃん達はこの扉の奥にある熟成室で寝かされます。








こちらが熟成庫の中になります。
ご覧の通り空調
入っていない!!!!
天然醸造蔵です。






こちらが
平成二十七二十七仕込まれた安養寺味噌
コンテナになります。







これが約半年寝かされたお味噌になります。
外側熟成していますが
はまだ黄色いです。







はーい試食です。
よく見るとまだ白い粒が見れます。









こちらが、約一年半熟成した
味噌です。
そして溜まっている液体
たまり」になります。
液体を取るとぞくに言う
たまりしょう油」になります。



最後に熟成の違いです。
から半年、一年、一年半
の色の濃いお味噌が
三年物です。
たぶん皆様が興味があると思いましたので、わがままを言って熟成の違いを比較させていただきました。