絹乃峰  



島根県の純米蔵(純米酒100%の蔵)
蔵元杜氏三島崇暁君は店主の一つ後輩で
「小泉武夫先生」師事しました。
また、酒類生産学研究室直属の後輩です。
三島君は、酒類総研の研修を秀な成績で卒業し、廃業予定であった赤名酒造を飯南町とともに再建を志しました。
新生 赤名酒造のコンセプトは、最新の手造り100%です。
これから三島君のこだわりをご紹介いたします。
これを見たら「飲みたい!!!」となってしまいますよ。
26BYがファーストリリースです。


 き ぬ  の   み ね

 
  最新の洗米機ウッドソンMJP
                  です。
この洗米機は、米の周りについている
ぬかなどを回転して泡に付着させて取り除く機械です。
最新の手造り、機械は使うが 
運転は人間です。
 
  こちらは、MJPで洗米したあと余分な 水分を取り除く
バキューム脱水機です。
(浸漬前に余分な水分を吸収させたくないので。)
 
  洗米、浸漬が終わると!!
甑(こしき)蒸しなります。 
この蒸し器は!!!
またまた「増田商事」製です。
実は、増田君と三島君
                なんと!!!
農大スキー部なんです!!!
部の先輩後輩なんですーこわ!!
 
  蒸したお米は、麹米と掛米に分けら れます。

そしてこちらが、三島君の最新の麹室の入口です。



 
  この麹室は衛生管理を徹底 
て考えられた麹室です。

壁はアルミになっていて木製と違い雑菌などが繁殖せず、もし汚れてもふき取り後殺菌で済みます。

三島君は、奥にある通り中箱を使って麹づくりします。
 
  出麹を(出来上がった麹室から麹を出すこと)した麹を枯らす(乾燥させること)台です。
実は!!!!!
三島君「あたごのまつ」新澤君同期で親しい間柄で情報交換をよくしています。

で、この枯らし台はお揃いです。
 
  こちらが仕込みタンクです。
三島君は、最大で600Kg仕込みきめ細かい温度管理をして、
麹の糖化の具合酵母の発酵具合
をみます。
 
 
  こちらは、1003号タンクの醪の温度の管理する「もろみ見張り番」 
                  です。
上が醪の温度
下が目標設定温度です。
こちらも「増田商事」製です。
これ以上詳しいことは企業秘密です。が、
聞いていただいたら教えちゃいます。

 
  実は!!!
「栃木県宇都宮市」
             から来ました。 
 
  最新式の「佐瀬式」のふねです。
設備は、新しいですが昔ながらの 
手作業にこだわっています。

この考えが、最新設備で手造りこれがまさに300石クラスの蔵の
最先端のコンセプトだと思います。