花美蔵  


店主の小林一三東京農大 醸造学科 後輩
加藤 祐基君が醸す「花美蔵」です。
加藤君は、清酒焼酎みりん、ピーチワイン真剣に蔵に入り蔵人の皆さんと仕込んでいます。
また、木桶所有していて年一回木桶による古式仕込みも頑張ってしています。
こんなに色々造っているマルチ加藤君の修業先栃木県だったんです!!!!

 はな   み    くら















清酒蔵の入口です。











新中野工業精米機二機 あります。


















浸漬機が奥にあり連続の蒸米機と 放冷機です。










麹室の入口です。
加藤君は手造りにこだわっています。








この日は休みの日でしたが
加藤君は仕込み予定表にも気を配り蔵人さんに休みをとれるようにしています。
気を張り詰めすぎると間違いが起こったりしていい物ができないという考えからだそうです。



この扇風機の数他の機械
床の改造など本気ぶりが室のいたるところに見られます。









もろみ経過表です。



















仕込みタンク三日目の醪です。











搾りは、ヤブタです!!!











スペシャルな大吟醸の貯蔵タンクです!!!
空調ばっちり!!!
京都嵐山にある○兆さんの
                  ですー
あの有名な料理人さんは
一回造りを確認するために来られるそうです!!!!!
一三「僕に内緒で下さいよ
加藤君「先輩でもダメです!!!

素晴らしい後輩です!!!
店主寅年のため相性のいい
お馬さんと!!!
ちなみに親父午年でした。










加藤君のお部屋!!
今度お伺いした時は、こちらに通してもらいたいですね。
この日は会議室でした・・・
頑張ります!!!