愛宕の松 


「あたごのまつ」を醸す新澤君店主東農大醸造学科一つ後輩にあたり絹乃峰の三島君六鼓原田君富士酢飯尾君同期にあたります。彼の努力には頭が下がります

蔵を継いだ時は、年間6石(一升瓶約1,000本)から始まり、現在は 年間1,200石(約210,000本)まで増やしました。最初の頃は「まずい」「売れない」の負の連鎖で今の専務さんと塾でバイトをしながら踏ん張りました

そんな中、居酒屋さんで奥さんと飲みながら気が付いたのが究極の食中酒でした。そのコンセプト一杯で満足する味わいではなく
二杯目にまた飲みたいと思わせる味わいを造ろうと言うことでした

マリアージュではなかったのです。私も新澤君マリアージュでしょと言ったら先輩、違いますよですって
知ったかぶりはいけませんね…新澤君、すみませんでした。

http://item.rakuten.co.jp/kobayashisaketen/c/0000000112/





  新澤君はお米からこだわります。
お米を農家さんから直接買い取る
別会社を持ち、目利きのできる社員さんを社長にして任せています。
ですので新澤君醸す事に集中することができるのです。
ここはお米を貯蔵する冷蔵庫です。
新澤醸造店11ヶ月醸造するのでお米を保存するのに冷蔵設備が必要なのです。


 
やはり精米機は「新中野工業」製です。
こちらは、大崎市三本木の新しい蔵の物です。 
  精米機の天井を高くして、熱がこもらないようにしています。 
 
本社蔵で精米されたお米です。
旧本社蔵には最新「新中野工業の28インチダイヤモンドロール精米機」二基設置されています。
  蒸し場です。
新澤君の考えは大広間みたいな場所を色々変化しながら使っていき麹室など要所を決めていきます。 
 
この空間です。
 

 
 麹の枯らし台です。
どこかと一緒ですねー
はい、「絹乃峰三島君です。 
  こちらのタンクはリキュール用の
純米吟醸仕込んでいます。
 
 新澤君は、リキュール用の清酒でも手を抜きません
 
分析室です。
新澤君の発した分析器です。
醪を取って10時位までにセットすれば午後1番には、酸度、アミノ酸度、日本酒度、アルコールその他の結果が出ているそうです。
そこで、各タンクの方針を決めるそうです。
 
瓶詰め場です。
新澤君の基本は、瓶詰め後「プレートヒーター」で火入れ後、「パストライザー」で急冷の一回火入れです。 


 
-5℃瓶貯冷蔵庫
by純米酒です。
がすごいですねー
 
こちらは、同じく-5℃
瓶貯冷蔵庫by純米吟醸になります。
 純米純吟、純大、その他の冷蔵庫に分けられています。 
 
こちらも新澤君提案
ダブルのラベル張り機です。
細かいことは、言えませんが、よく考えられています。 



当店
は、株式会社 新澤醸造店東京農大一つ後輩の新澤君との密接な信頼関係におきましてあたごのまつを 安定供給いただいいる直接取引特約店です。あたごのまつご入り用に際は新澤君から信頼をいただいている当店ご利用ください。

http://item.rakuten.co.jp/kobayashisaketen/c/0000000112/