鹿沼娘‎ > ‎

鹿沼産コシヒカリ全量使用 鹿沼娘

「鹿沼娘」は酒蔵のない鹿沼で
蔵があるのと同じく醸造をする」がコンセプトです。
仕込み水は「古峯神社の御神水」
米は全量鹿沼産。
仕込む人間も栃木県鹿沼市仲町1290番地生まれ
第一弾
鹿沼の地酒」毎日飲んで飲みあきをしない晩酌酒造る!!!
三バカトリオではありませんよ(笑)(2017.11)
右・店主 小林一三
中央・「大那」蔵元 阿久津 信
左・醸造機械メーカー増田商事 専務 増田 達哉
この三人の共通点は、何でしょう???
その答えは、東京農業大学 醸造学科96年度卒業の同期なんです!!!
そうこの本醸造タイプの「鹿沼娘」は「大那」醸造元 菊の里酒造で蔵元の阿久津に力を借りて醸造しています。

https://kobayashisaketen.raku-uru.jp/item-list?categoryId=25618



大切です原料処理。
洗米、浸漬、水切り

2018(H31BY)醸造年度まで

お米を投入します。
「吟洗号」(水流による)にて洗米を行います。
投入の反対側から洗われたお米が出てきます。
















洗米したお米をコンテナで浸漬を行います。
浸漬時間はお米によって変わります。










浸漬後クレーンで袋を釣り上げ水切りを行います。








約十五分の浸漬後、水切り後の
「鹿沼産コシヒカリ」になります。

以上のような作業を糀造り、酛立て、添、仲、留と繰り返して行います。

原料処理 蒸し

2015年(H28BY)までの甑(こしき)です。

ボイラー方式の和釜になります。


増田の甑「OH二重層」続き
蒸気が抜けるのを確認して


原料米は全量
JAかみつが産コシヒカリになります。

精米歩合は75%になるので本醸造とはうたえません。

精米は全農とちぎパールライスでおこなっています。






大那の原料処理
進化しました!!!
洗米、浸漬、水切り

2019(R01BY)醸造年度から

洗米部屋ができました。

こちらも増田商事が用意したみたいですが、ウッドソン社製全自動MJP(洗米機の名称)です。
左に比べて全量手洗いになりました。


お米を水に漬けて浸漬に移ります。
浸漬も大きい量から大吟醸の仕込みと同じ小分けの約10Kgにすべてなりました。
鹿沼娘の「こしひかり」もですです!!!

水切り・脱水です
左上の写真を見てください!!!











防水式のバキューム機です!1!









最新式すごいですね!!
















水切り脱水終了。



































































































































































































































































2016(H29BY)から現在







こちらは日本一の甑を製造する増田商事の増田の達ちゃんです。設備後の初蒸しの確認です。

この甑は「開運」の弥市さん、「蓬莱泉」の関谷さんなど他名だたる名酒蔵が作用しています。